カクレミノ

慌ただしい毎日を少しだけ忘れて、のびのびと綴っていきたいです

成長していけるか

自分は、苦手な事や人が、多い人間だ。例えば、人に心を開くこと、客観的な思考、気持ちの切り替え、人の気持ちを想像すること、人を喜ばせること、問題をその場で解決することが苦手だ。とにかく、沢山苦手なことがある。苦手な事をやろうとすると、脳みそが痺れたような心地になる。無意識で「やっちゃダメ!」と指令が出る。この指令は一体なんなんだろうか。現実に向き合えない、人と関われない、やるべき事をやれない、こんな損な命令ってあるか?でも、この指令にも、かつて何かのメリットがあったから、守り続けているんだろう。この指令のメリットってなんなんだ。身を守ることだろうか。心を開かないことで、他人に期待を裏切られる、傷つけられるリスクを減らしているのだろうか。現実に向き合わないことで、何を守っているのだろうか。

幸福を目指して

人生の目的は幸福になることだ。幸福とはなんだろう。静寂、繋がり、暖かさ、信頼、健全な努力、励まし、勇気、笑い、明るさ、朗らかさ。

全ての人と仲良くすることはできない。仲良くできなかったことを否定的にとらえる必要もない。全ては変わっていく。判断せず、裁かず。 忘れること、立ち去ること、別れることさえ幸福への道程だ。助けられない、救えない、分かり合えない。与えることもできない。それならば、しがみつかずに、離れること。

20世紀の精神科医で、ゲシュタルト療法の創設者であるフレデリック・パールズによる、「ゲシュタルトの祈り」が、とても良い。

私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。出会えなくても、それはしかたのないこと。

自分なりの言葉にするとこんな感じか。

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。私はあなたの願いを叶えるために、ここにいるわけではない。あなたも私の願いを叶えるために、ここにいるわけではない。もし何かの縁があって出会えたのなら、それは素晴らしいことだ。もし縁が終わって別れるとしても、それは仕方がないことだ。

別れは必然だし、幸せへの道程だ。さようなら。生きていこう。

心の観察日記_2017/07/23

朝起きたとき、みぞおちの上に、重い感情の塊があった。憂鬱の塊だった。憂鬱の中にある本当の感情はなんなのか、じっと見つめてみた。一つは、母親に見捨てられる恐怖だった。もう一つは、嘘をつかれたことに対する驚きだった。二つ目の感情は、うまく言葉にできない。台詞にしてみると「この人は、そういうことをするんだな」という失望、嫌悪感かもしれない。「なぜ、こんなことをしたの?」と問い詰めたい気持ちもあるかもしれない。信頼を裏切ったことへの、怒りかもしれない。でも、信頼を裏切られたとき、どうやって相手との関係をより良いものにしていけるのか。

安心の回路

1日に何度も何度も不安になるんです。多分、安心を感じる脳の回路が、細いんだと思うんです。不安になると居ても立っても居られなくて、焦るんです。何かしなきゃ、何かしなきゃって。背後から崩れ落ちる橋を、必死に走り抜けるような、そんな気持ちになるんです。

この不安って何なんでしょう。将来が不安なわけではないんです。いや、将来は不安なんですが、この不安は、母親がいなくなった時の不安だと思うんです。分離不安?て言うんですかね。母親がいなくて、寂しい、心細い、安心させてほしい、子どもの頃に感じた不安と同じだと思うんです。

不安になりにくい人は、子どもの頃にたくさん抱きしめられて、安心感を得られた人なのではないでしょうか。抱きしめられて、安心を感じて、脳に太い安心の回路ができているのではないでしょうか。

僕はもしかしたら、そうではなかった。でも、今からでも、安心の回路を太くすることはできるのでは、と思っています。身近にいる誰かに抱きしめてもらえれば、僕の細い安心の回路が活性化するのではないでしょうか。そして、その時の感覚を、一人の時でも、感じ直すことができれば。

安心していいですか。安心していいですよね。大丈夫、僕は大丈夫です。

自我の確立

周りの人は皆大人に見える。輪郭があって、質量があって、中身があるように見える。自分の意思があるように見える。自分は、砂かゼリーでできている気がする。心細い。他人から少しでもぶつかられると、崩れてしまう気がする。怖い。

他人に入ってきてほしくない。自分も、他人に入り込みたくない。影響を与えたくない。でも、このままではつまらないなあ。もっと他人と関わって心を練りたい。今の心は柔らかすぎる。もっと手を入れて、耕して、弾力のある心になりたい。

中身があるように見える他人も、大して中身があるわけではない。結局、人でしかない…。

「自分は誰とも違う」という事を認めるしかない。自分は誰からも理解されない。自分は自分だけの人生を生きる。だけど、他人をはねのけない。他人の存在を認める。異なる考え方、異なる生き方をしている人が隣にいる。分かりあうことはできないけれど、認めることはできる。

静かに生きたい

静かに生きていきたい。激しい感情に接しないように、感じないように、静かに生きていきたい。

でも、どこかに、寂しいと感じる自分がいる。激しく、不安定で、危険な感情を求める自分がいる。悲しみや、怒りや、恨みを求めている自分がいる。

手に入らないものを求め、自分を苦しめようとしている。

解決できない問題からは立ち去ること。どうしても助けられない人だと知ること。自分の心を守ること。

無理して仲良くしなくていい。無理して好きにならなくてもいい。無理して求めなくていい。

気持ちを伝える

車窓から、春めいた街を眺めている。春になったら、新しい場所で、新しいことを始めよう。始まりの気配に高揚しながら、同じ電車に乗っていたのは、まだ1ヶ月前。まだ1ヶ月しか経っていない。この1ヶ月間、色々な場所で、色々な人に会った。実を結んだこと、結ばなかったこと。無理矢理にでも、人と話すことは、良いことだ。

ある程度仲良くなった人たちと、関係性を持続させることが難しい。責任が生じるし、常に相手に与え続けなければいけない気持ちになるから。

やりたくないなら、言葉にしよう。嫌なのに付き合うことの方が、悪いことかもしれない。きちんと言葉で気持ちを伝えよう。受け取り方は、相手次第。自分の気持ちを伝えよう。