カクレミノ

慌ただしい毎日を少しだけ忘れて、のびのびと綴っていきたいです

雨が降っている。 今日一日と、沈みかかった太陽を、水滴に閉じ込めて。 大気中の水分がカーテンになり、私から、世界を遠ざける。 私は部屋の中で、静まった世界の音を聞いている。 私の中にも雨が降っている。 音もなく、静かな、冷たく、温かい雨が。 み…

安心の回路

1日に何度も何度も不安になるんです。多分、安心を感じる脳の回路が、細いんだと思うんです。不安になると居ても立っても居られなくて、焦るんです。何かしなきゃ、何かしなきゃって。背後から崩れ落ちる橋を、必死に走り抜けるような、そんな気持ちになるん…

自我の確立

周りの人は皆大人に見える。輪郭があって、質量があって、中身があるように見える。自分の意思があるように見える。自分は、砂かゼリーでできている気がする。心細い。他人から少しでもぶつかられると、崩れてしまう気がする。怖い。 他人に入ってきてほしく…

静かに生きたい

静かに生きていきたい。激しい感情に接しないように、感じないように、静かに生きていきたい。 でも、どこかに、寂しいと感じる自分がいる。激しく、不安定で、危険な感情を求める自分がいる。悲しみや、怒りや、恨みを求めている自分がいる。 手に入らない…

気持ちを伝える

車窓から、春めいた街を眺めている。春になったら、新しい場所で、新しいことを始めよう。始まりの気配に高揚しながら、同じ電車に乗っていたのは、まだ1ヶ月前。まだ1ヶ月しか経っていない。この1ヶ月間、色々な場所で、色々な人に会った。実を結んだこと、…

無題

何をしていても虚しいと感じる時がある。自分自身が現実と繋がっていないようだ。やるべき事をやっていない時、こんな風に感じるのかな。しかし、やるべき事なんて見つからない。ご飯を食べて適当に楽しく暮らせれば、それでいいのだ俺は…。 大それた目標を…

映画「きみはいい子」を見ました

眠る前に、その日あった出来事や音声が、頭の中で自動再生される日がある。脳が出来事を処理しているんだろう。今日は、騒がしい子ども達の声が聞こえる。 きみはいい子、という、児童虐待をテーマにした映画を見たからだ。映画について少し書く。 一つの街…

小舟

終わってしまったものすべて、取り返しのつかないものすべて、小舟に乗せて、押し流す。すべてが遠ざかる。音もなく、終わっていく。霧の中で影が踊る。

すべての不安は死ぬことへの恐怖

仕事がなくなったらどうしよう。人に見捨てられたらどうしよう。将来どこに向かうのか分からない。どうなる、失敗する、居場所がない。怖い。不安だ。 悩みや不安は現実に向けられているようで、本当に恐れているのは、現実的なことではない。本当に恐れてい…

ここにいる

メランコリー親和型。 精神的に弱い、そう言ってしまうと、自分に対するイメージが固定されるので、弱いとは言いたくない。ただ、自分の使い方を知らない、生きのびる術を知らない。そのことは、弱いと言えるかもしない。 メランコリー親和型、循環気質、気…

支えあえなかった

ずっと一人で歩いていたようだ。雑踏の中で、常に一人、心の中は嵐か、闇夜のようだった。原因はなんだったのか。一言で言えば「無理をしていた」のだろう。何に対して、いつから、そんなこともわからないくらい前から、ずっと無理をしていたのだ。きちんと…

夜になるとまた不安が

夜になると、また不安がやってきた。昼間憂鬱にならずに過ごせただけに、またやってきた不安に、焦りを感じた。このまま、どうなってしまうのだろう。

無理しない

無理して苦手な人と付き合う必要はない。自分の心を一番大事にすること。自分の価値観を一番大事にすること。他人の価値観や、世間の価値観に惑わされないこと。自分は何を大切にしているのか、どんな生き方がしたいのか、よく考えてみること。 自分の心に問…

仕方ない

疲れる、疲れる。とにかく面倒だ。人と話すのが面倒だ、人と会うのが面倒だ。どんな人でも脅威に感じる。どんな人でも自分の存在を脅かすように感じる。自分に自信がなさすぎて、常に他人と比較してしまう。身構えてしまう。恐れ、緊張、逃避。 でもまあ、仕…

なんとかなる

まあ、なんとかなりますよ。大した問題なんてないですからね。嫌われた?まあいいじゃないすか。会社に居場所がない?まあいいじゃないすか。家庭不安?まあいいじゃないすか。大したことないですよ。なんとかなる。まあ、なんとかなりますよ。大した問題じ…

目覚めてから

朝起きた時、落ち込みがひどい時があります。この気持ちは何なんだろう。誰かに会いたい、誰かに甘えたい、そんな気持ちに近いかもしれません。結局寂しいのかもしれません。 寂しさを抱えているのは皆同じなのでしょうか。自分だけ特別な寂しさではないので…

少しずつ

最近、人との距離の取り方が分かってきたような気がしているんです。今までは、自分の心の距離が相手に対して近かったんだと思います。すぐに相手に依存的になってしまうところがありました。でも、最近は、自分と人の間に、薄い壁のようなものを感じます。…

野生

‪自分の中に野生がある。理性では抑えられない。本能や感情、無意識から、野生の力が溢れてくる。抑圧していると鬱になりそうだ。もっと野生的に生きたい。‬

無題

1日生きるだけで、精神が消耗する。仕事が辛いのでもない、人間関係が嫌なのでもない。自分自身が自分自身を追い詰める。自分自身へのダメ出しに疲れ果ててしまう。他人の思いやりの言葉も、罪悪感に変わる。他人から頼られることも、自分の気持ちを圧迫する…

あきらめる

他人から見れば、満ち足りた暮らしをしているように見えるかもしれないが、どうしても満足することができない。欲張りなのか、プライドが高いのか、自分が一番でなければ気が済まないのだろうか。あいつよりも俺の方がマシ、お前なんてダメな奴、そうやって…

無題

本当は嫉妬深いんじゃないの? 本当は周りの人と比べてるんじゃないの? なんでそんなに比べるの? 誰と競ってるの? お母さんと比べてるの? 我慢して耐えられなくなって爆発するんだ。 やめちゃえよ全部。 意味ないよ。 誰に好かれたいの?

何も与えたくない

好かれるよりも、嫌いになる方がマシ。好かれたらどうせ嫌われるだけだし、好かれても、期待に応えることもできないし。好きにならないでもらいたい。自分には何もできないから、面倒くさいから。がっかりされるのも嫌だから、近寄らないでほしい。 近寄らな…

どう足掻いても

どう足掻いても自分は愛されている。どんなに怒っても、悲しんでも、愛は自分から離れない。自分は幸せだ。そう思えればいいんだよな。徐々にそう思えるようになっている気がする。何のことはない、自分は結局幸せなのだ。 できれば周りの人たちにも幸せにな…

なんとかやっている

今週も一週間、長く感じた。仕事中でも気持ちが動揺してしまう場面が多く疲れる。精神的に引きこもり、壁を作っている。心を開いて人と話すことはほとんどない。だから、人と話すと動揺してしまう。この先どうすれば良いのだろう。心を閉じたまま生きていく…

目の前の物に興味を持つ

精神的に不安定になって二年ほど、目の前の物に興味を持っていなかった。ここ二年間の記憶がほとんどない。断片的な記憶はあるが、繋がっていない感じ。特に、プライベートの記憶がほとんどない。 明日から、目の前のことに少し興味を持ってみよう。悩みだけ…

愛を受け取ることについて

今まで、愛を受け取っていなかった。自分は人から愛されない、受け入れられない存在だと思っていた。だが、実際は違っていた。自分が、人の愛や好意を疑い、拒否していた。自分が愛に気付いていなかった。 なぜ、愛に気付けなかったのか。それは「自分の望み…

放り投げる一日

自分自身を他人の間に放り投げる。「もうどうでもいいよ」という気持ちが、他人と接することを楽にしてくれる。コミュニケーションに正解なんてない。感情を素直に表現して、好かれるときは好かれるし、嫌われるときは嫌われる。他人にどう思われるかなんて…

内面の言葉

自分の内面にある感情を、言葉によって表現することができない。言葉によって人に伝えることができない。人に自分の感情を表現することができない。感情を伝えたい。感情によって、わかり合いたいと思っているのに、うまくいかない。いつからこんな風に過ご…

赦し

人知の及ばないこと、今の自分には解決できないこと、あまりにも辛く受け止めきれないことは、いっそ神様に委ねればいいのだ。時が経てば、自分の頭と心で解決できるかもしれないが、今はまだ、神様頼みでいいのだ。神様は全て赦してくださる。

穏やかに消える日々

昼過ぎに目覚め、外出。何か気分の変わることをしたくて、喫茶店でコーヒーとケーキ。ケーキはチーズケーキが好きだ。レアでも、ベイクドでも。 散歩がてらレンタルギャラリーで絵を見る。繊細な女性らしい絵だ。自分も絵を描きたいという思いが湧いてくる。…

他人を尊重する

他人を一人の人間として尊重するという事は、相手との間に距離ができる、境界線を引けるということである。自分の思惑とは何の関係もなく他人は存在しており、そしてその存在を、そのまま受け入れるということである。 相手の感情や問題を背負う必要はないし…

今日はとても調子が良い

怖いことなんて何もない。嫌われるのが怖かった、怒られるのが怖かった、失敗するのが怖かった。そんなもので自分はどうにもならないのにね。もう自由だ、いつだって死ねるくらい自由。全部持っていっていい。全部無くなってもいいよ。 今になって、初めて世…

ものすごく当たり前の事だが

自分は、自分が幸福になるために生きているんだな。24時間、365日、自分が幸せになるためだけに、すべての時間を使っていいのだ。他人の犠牲になって、血を流す必要など、一切ないのだ。他人の感情をケアする為に、苦しまなくてもいいんだ。 自分が幸せにな…

文章を読み直す

自分の文章を読み直す。最近のものは悪くないように思う。しかし内容が抽象的だね。ディテールにこだわるとついプライベートな事を書きたくなってしまうからね。 言葉の断片を集めるスタイル。意識してやっているわけでないけれど、この書き方は自然だ。 感…

抑圧してきた事、これからやってみたいこと

感情を表現する事。喜びや楽しみの感情を、人に伝えること。感情で人とつながり合うこと。同じ感情を共有すること。 人を信頼してみよう。もっと人に頼ってみよう。もっと人と協力してみよう。いろんな人と協力しながら、一緒により良い成果を目指していこう…

人に影響を与えたくない、と思ったけど、いい影響なら与えてもよいのでは?

生きているだけで誰かに影響を与えてしまう。だったらよい影響を与えた方が良くないか?別に大したことをしようってわけじゃないんだよ。なんかこう、前向きに仕事に取り組むとか、やってもらったことに感謝するとか、そういうことでいいと思うんだよな。1日…

慈悲の瞑想

慈悲の瞑想を行ったところ、ちょっとしたブレイクスルーを感じたのでメモ。 私は、独立した「私」として、存在しているのではない。私は全体の一部として、この世に存在している。だから決して孤独ではないし、皆と繋がっている。繋がりあっている皆の幸福を…

風が吹き抜けるような心

私はあなたの感情をケアする必要はない。私はあなたの願望を叶えられない。彼らの問題に巻き込まれる必要もないし、解決する必要もない。 心の中を風が吹き抜けるように生きていきたい。こだわらず、とらわれず。笑いながら。やってくる出来事をただ受け入れ…

いつか

他人の不幸を背負う必要はない。 他人の気持ちを分析しなくともよい。 少しずつ、自分の気持ちを表現できるようになっていきたい。 最初は不器用だろうけど、今からでも遅くない。 いつか、全てを受け入れられるまで。

あなたと私は赤の他人、だが、ともに生きる世界の一員である

人は人、それぞれ悩みや苦しみを抱えている。楽しそうな人、幸せそうな人、憎いあの人も、人には言えない苦しみや悲しみを抱えているのかもしれない。 悩み苦しんでいる人に、求められていると感じることがある。何か手助けをしたくなることがある。しかしそ…

成熟した人間は幼児に戻ると

別にきちんとした文章じゃなくてもいいんだ。俺の文章は論理じゃなくて感情なんだから。 結局全てが移り変わっていくし、全ての傷は癒えていく。完成された人間、成熟した人間は詩情なんて持てないのかもしれない。 ただその人の行いが、相手の心に前向きな…

時間は存在しない

時間は存在しない。30数年生きてきたが、「30数年」というかつて存在していた時間が、どこかに行ってしまった、消え去ってしまったわけではない。時は止まっていて、「今」という瞬間だけがあって、自分や世界が変化し続けているだけだ。未来についても同じ…

短所と長所

自分にはたくさん長所があることに気がついた。今まで短所だと思っていた事が、自分の長所だったのだ。 他人から褒められたり、評価されることは重要ではなく、自分自身が自分の個性を認めてあげられればいいんだ。周りの評価を気にしていたら、自分らしさが…

集中力を高める、または欲求に反応しない

日中、用事のために、2駅先の街まで出掛けた。街を歩いていると、たくさんの刺激がある。ラーメン屋を見ればラーメンが食べたくなり、喫茶店を見つければコーヒーとケーキで一服したくなる。レンタルビデオ店の前を通り過ぎながら「新作映画を借りようか」…

なぜ働くのか

何のために仕事をするのか、企業は何のために存在するのか。自分の中で仕事をするための動機づけができずに苦労していたが、答えらしきものの片鱗を見つけた気がする。ドラッカー先生曰く、企業などの組織は社会のための機関であり、企業の存続それ自体が目…

ヘルマン・ヘッセ「知と愛」を読みました

われわれの思索は、絶えざる抽象であり、感覚的なものの無視であり、純粋に精神的な世界の建設の試みである。しかし君はまさに反対に、最も変わりやすく生命のはかないものを抱き取って、まさに無情なものの中に存在する世界の意味を告げ知らす。君は無常な…

回避の時間

生きていると、辛いことや理不尽なことがある。辛くても、理不尽でも、前向きに生きていかなければいけない。前向きに生きるためのツールとして、思い込みを修正したり、自分自身で目標を設定するなどの方法も少しは知っている。しかし、時々、どうしても一…

心の傷を掘り返すのはやめよう

執着を手放すことが大切らしい。別れた人、傷付けられた、裏切られた思い出を手放すことで幸せになれるという。痛みを手放せず、同じ場所で足踏みをしていることが、自分らしさになってしまってはいないか。古い傷に固執し続けることで、変化を避けてはいな…

ゴーヤ観察(子蔓を摘芯しました)

今日は早起きできたので、朝ゆっくり観察できた。昨日の夜から、さらに雄花が増えている。雌花の子房も大きくなっているようだ。ネットで調べたところ、大きな身を収穫するには、子づるも摘芯する必要があるみたい。雌花も付いておらず生育の悪い蔓を一本、…

ゴーヤ観察日記

二回目の摘芯後、蔓は順調に伸びている。4本の蔓に蕾がつき始めた。夜、雄花が二つ咲いているのを確認した。雌花の蕾は5つ付いている。下の方の葉や巻き髭が若干枯れかけている気がする。肥料を投入した方がいいのかもしれないが、まだ様子を見てみよう。